防犯まちづくり計画

防犯まちづくりの基本的考え方

稲荷木小学校周辺地区では、次のような基本的考え方に基づき、防犯まちづくりに取組みます。

(1)防犯まちづくりの目標像

1. 犯罪が起きにくいまち
多くの「人の目」(視線)を自然な形で確保し、犯罪を企てる者に「犯罪行為を行えば、第三者に目撃されるかもしれない」と感じさせるまち

2. 誰もが安心して暮らせるまち
子どもたちはもとより、女性や高齢者、障害者等、誰もが不自由なく安心して屋外に出て暮らしを楽しめるまち

3. 快適で魅力あふれるまち
緑が豊かで四季折々の変化を楽しむことができ、世代を超えたコミュニケーションが豊かで「わがまち意識」を育むことができる魅力あふれるまち

(2)防犯まちづくりの取組み方

1. 一人ひとりが自主的に取り組む
子どもたちを含め、住民一人ひとりが危険を回避する心構えを持ち、然るべき行動をとるとともに、地区の防犯まちづくりに関して自主的に取り組みます。

2. 互いに協力してまちぐるみで取り組む
自治会・PTA・学校・警察・市川市等の連携体制を強化し、地区の防犯情報を共有しつつ、具体の場面で相互に協力してまちぐるみで取り組みます。

3. 無理なく持続して取り組む
既存の取組みを継続・発展させることを基調としつつ、様々な工夫を凝らして参加の輪を広げ、無理なく持続して取り組みます。

4. 幅広い視野から取り組む
日頃から快適で活力のあるまちをつくることが防犯にも効果を有するという観点に立ち、防災や景観形成等、幅広い視野から取り組みます。

(3)防犯まちづくりの基本的取組み事項

1. パトロール・見守り活動
地域の「人の目」を確保するための防犯パトロール活動や子どもたちの見守り活動、住民一人ひとりが自主的に行う見守り活動等を推進します

2. まちの点検・維持管理
地域の魅力や活力を高め、「わがまち意識」の向上につながる環境美化活動やまちなみづくりを推進します

3. まちの環境改善
まちの物的環境を犯罪の起こりにくいものにするため、公共空間における暗がりの改善や見通しの確保、車両交通の制御等を推進します

4. 安全で安心な住まいづくり
個々の敷地や建築物等の防犯性を高めるとともに、防犯に配慮した住まいや暮らし方に係るルールづくりを推進します。

5. 防犯まちづくりの基盤づくり
防犯まちづくり活動が効果的かつ持続的に展開されるよう、防犯に係る情報共有体制の構築や地域の防犯意識の啓発等を推進します。