防犯まちづくり計画

自治会の取組み

稲荷木小学校周辺地区の各自治会(稲荷木自治会大和田自治会田尻自治会ライオンズマンション市川本八幡自治会)では、防犯パトロール活動、公園、道路、工事用地の暗がり・見通し等の点検活動、防犯灯の設置・維持管理活動、広報や掲示板を活用した地域住民への防犯情報の提供等、特色ある取組みを実施しています。

稲荷木自治会

防犯パトロール、登下校時の見守り活動

自治会の防犯パトロール週1回程度、夜の時間帯に防犯パトロールを実施しています。特に外環用地周辺に注意し、普段見慣れない人にも目を光らせて見回っています。
また、登校時間帯は、時間のある役員が中心になって、通学路や交差点で子どもたちの見守り活動に取り組んでいます。

公園、道路等の美化活動

外環用地に不法投棄されたゴミの監視やクリーン作戦を実施しています。
また、防犯灯を覆い隠す樹木や植栽を、地域の住民に声かけをして、自治会自らが剪定作業を行っています。

活動を通じた子どもたちとの交流づくり

親子ふれあい餅つき大会夏休みのラジオ体操や親子ふれあい餅つき大会等のイベントや地域のふれあい活動を通じて、地域と子どもたちとの交流を深めています。

犯罪への注意を喚起する回覧

回覧文書の仕分け作業自治会の掲示板を活用し「安全パトロール」の標語を掲示しています。
また、年に数回、配布物や回覧で、防犯情報の提供をしています。

大和田自治会

下校時の防犯パトロール、登下校見守り活動

自治会の防犯パトロール子どもたちの下校時の防犯パトロールや、神社や緑地等の見通しの悪い箇所等、丁目ごとに見守り活動を実施しています。
また、防犯灯の点検や年末の防災・防犯パトロールに取り組んでいます。

青色防犯パトロール活動

自治会のパトロールカー大和田自治会の青色防犯パトロール隊を結成しています。
会長以下20名以上の隊員で、日時を決めず、週2回以上の青色防犯パトロールを実施し、地域の犯罪抑止に努めています。

防犯関連の情報共有

月3回の自治会会議での情報交換、掲示板・回覧を活用した情報提供により、防犯の意識高揚を図り、安全で安心なまちづくりを目指しています。

田尻自治会

夜間の防犯パトロール

自治会館から防犯パトロールへ出発!一班6名〜7名の12班体制で、毎週、夜間の防犯パトロールを実施しています。
パトロール時は、地区の全域を回り、防犯灯の点検、自転車の無灯火注意、声かけ運動等を行っています。
また、地域の環境美化のため、清掃活動を兼ねたパトロールも実施しています。

防犯灯の維持管理

防犯灯の維持管理自治会内の400箇所を越える防犯灯の設置と維持管理を行なっています。
夜間防犯パトロールの際に、防犯灯の点検を行なって、玉切れ等がないように注意しています。

地域の防犯意識を高める情報提供

田尻自治会館と掲示板自治会の掲示板を活用して、犯罪発生状況地図や犯罪情報等を提供しています。
また、盆踊り、秋祭り、餅つき大会、防災訓練等の自治会が開催するイベント毎に、警察官の参加を依頼するなどして、防犯啓発を実施しています。

ライオンズマンション市川本八幡自治会

敷地内の点検・見回り活動の実施

敷地内の防犯パトロール自治会役員が中心となり、夏季・年末に防犯パトロールを実施しています。また、定期的に警察がマンション敷地内を巡回しています。
管理組合等と協働して、敷地内の点検・見回り活動を実施しています。隣接の提供公園もマンション管理人がチェックし、目を配っています。

防犯灯・照明灯の点検・維持管理

敷地内の防犯カメラ敷地内の防犯カメラ夜間の防犯性向上ため、マンション敷地内の照明灯の点検・維持管理を実施しています。
また、敷地の出入口や死角になる場所に防犯カメラや防犯灯を設置し、安全・安心を高めています。

定期的な防犯関連情報の提供

自治会館、街の安全パトロールの拠点定期的に役員会を実施して情報交換をしています。
また、毎月、地域の犯罪発生情報や犯罪発生状況地図等、掲示板を通じて告知しています。

商店会の取組み

稲荷木商店会

自治会・PTAと連携した防犯活動

自治会主催の防犯パトロール活動に協力、参加しています。また、商店会のメンバー一人ひとりが自主的に防犯パトロールに取り組んでいます。
また、PTAが実施している「かけこみ110番」の活動に協力しています。

商店街路灯の設置、維持管理

小学校前の歩道をはじめ、商店会で商店街路灯の設置、維持管理に取り組んでいます。 学校に隣接する商店会の商店街路灯で、まちのあかりを維持しています。

歩道へのプランター設置

商店会では、通学エリア内を花できれいに飾っています。また、独自に小学校前の歩道等にプランターを設置し、通りを草花で彩っています。

小学校の取組み

稲荷木小学校

登下校時の安全指導

子どもたちの登下校の時間帯に、校門前での安全指導や学校配備車を利用した青色防犯パトロールを実施しています。 また、授業時間や放課後に、校舎内外や学区内を見回り、安全点検を行っています。

防犯教室・交通安全指導の実施

子どもたちの安全教育のため、年1回、特に低学年生を対象に防犯教室を開催しています。 また、市や市川警察と連携し、生徒の交通安全のために、交通安全指導を実施しています。

登下校時の安全指導

教育委員会では、市内の通学路危険箇所に通学路防犯カメラを設置しています。 稲荷木小学校の通学路内では、周りが外環道路予定の児童公園周辺に街頭防犯カメラを設置しています。

PTAの取組み

稲荷木小学校PTA

登下校時の見守り活動

PTAは、通学路に10箇所程度の見守り箇所を設けて、登下校時、パトロールを実施しています。 また、自転車に「パトロール中」のプレートを設置して、日常から小学校周囲を見回り、子どもの安全確保に努めています。

安全点検の呼びかけと安全マップの作成

P学校とPTAが連携して、通学路の安全点検を呼びかけています。 また、学区内のかけこみ110番の場所等、安全情報を記載した「とうかぎっ子学区マップ」に作成し、校内の廊下に掲示しています。

かけこみ110番の普及

PTAが中心となり、学区内の関係団体と連携して、登下校安全指導の「かけこみ110番」を普及しています。 地域の協力により、70箇所を超えるかけこみ110番シールが学区内に貼られています。

緊急時対応として「稲荷木ルール」の設定

有事の際、緊急連絡網は機能しづらくなることから、不審者の出没、震度5強以上の地震が発生した場合は、保護者が児童を迎えに行く「稲荷木ルール」を設けています。

幼稚園の取組み

稲荷木幼稚園

登園・降園時の安全指導

園児の登園・降園の時間帯に、校門前での安全指導を行っています。 また、保育時間や保育後、園内外や隣接する稲荷木小学校区内を見回り、安全点検を行っています。

児童の安全確保に向けた体制づくり

園内に不審者が侵入した場合の対応として、不審者侵入時の訓練や職員による不審者対策の研修会を実施しています。

園内の清掃・美化活動

関係者が一丸となった園内の除草作業を実施し、園内の清掃・美化に努め、犯罪の起こりにくい環境づくりを目指しています。

稲荷木幼稚園PTA

園内の見守り活動

園児の安全確保のため、保護者と協働して、園内外の見守りをしています。 また、さまざま行事を開催するときも、防犯の腕章を着けて、見守り活動をしています。